出会いを求めて「出会い系」や「セフレ系」のサイトを利用しようとしているのに、まったくの偽サイトに捕まってしまっては意味がありません。
そこで悪質な偽サイトの仕掛けをご紹介しておきます。

 

まず「無料」を強調しているサイトです。
先ほど『セフレ募集サイトの有料と無料』で簡単に述べましたが、無料で使える出会いサイトは無いと思ってください。
無料を前面に出している目的は、「登録させること」です。
登録した瞬間に別のサイトへ同時登録させて登録料や会員費を請求してくるもの。
登録したものの確認のメールもこなければ、その次のURLも無いような場合はメールアドレスや個人情報を集めるのを目的にしてるところです。
そのうちジャンク・メールが次々と入ってきて、結果アドレス変更をするしか防ぎようがなくなります。
身に覚えの無いメールを間違っても開くようなことはしないでください。
そのメールの中には法的に成立してしまうような契約をさせるものもあるからです。
関わると非常に面倒なことになります。
公正証書で請求がきたり、裁判所からの出頭命令に至ったりというのは、たいていこのパターンです。
サイト運営には経費もかかり、利益もあげなければビジネスとはいえません。
その基本を忘れずに「無料」の文字に踊らされないようにしてください。

 

そこまで悪質とはいえないまでも、結果的には高額な金額を使わされてしまう出会いサイトもあります。
メールのやり取りにかかる金額が(ポイント制でも)、1回に300円以上かかるようなサイトです。
そして、メール以外のサービスや機能が無い出会いサイトは、まず出会えません。
なぜならメールを書いているのは、サクラと呼ばれている架空会員のスタッフだからです。
会えそうで会えない、気がありそうでもう一押しすれば、のような風情のメールが返ってくるので、ついつい深追いしたくなるもの。
そうして気付いたら予定していた額よりずっと課金してしまっていた、という仕組みです。
この場合は分かってて課金してるのですから、どこにも被害届けを出すこともできません。