女性が最初から「セフレ関係」だけを目的に登録するのは、極々稀でしょう。
けれど女性も「出会い」は求めています。
結果としてその関係がどういう形で進行してゆくか、または短く終わるかは、お互いの相性と考え方や生活背景などがあります。

 

女性は出会い系に登録したら、まずは何もせずひたすら待ってください。
ここは受け身に徹することが、男性へのイメージアップに繋がります。
登録したからといって、頻繁にアクションを起こすようなことをすると返って男性に警戒されます。
男性が求めているのは、プロでもサクラでも業者でもなく、普通の女性なのです。
ですから男性が描いている「普通」のイメージとして、女性はじっと男性からのアプローチを待った方が印象良く映ります。
最初はたくさんの男性からメッセージが届くでしょう。
その中からフィーリングの合いそうな男性を見極めるのですから、何度かメールのやり取りは必須です。
もちろん何人か同時進行で進めて、最終的に1人に絞り込むこともできます。

 

受け身を装っても、実際に主導権を持っているのは女性なのだということです。
そしていよいよ「この人」と思って出会っても、相手と自分との価値観が違っていることに気付くこともあります。
そんな時は我慢して長く付き合わず、きっぱりとお断りして次を探しましょう。
あるいは断るには惜しいけれど、人生を左右するほどの相手ではないと感じた場合、セックスフレンドという選択肢もあります。
それを望む男性とならば、大人の男女として楽しい交際ができるかもしれません。
ただ、このセフレに関しては、どちらかの感情が動いてしまったら消滅する関係なので、トラブル回避にも同じ男性と回数を重ねないことです。